Character


金獅子アイコン
■金獅子(Kinjishi):♂:【国】シュヴェーレン/CV.イサキチ様
外見年齢10代後半。一人称『俺』。二人称『お前、アンタ』。
くすんだピンク髪に碧の瞳。
竜王に幼少時助けられた後、彼に絶大な信頼を置いている。
それ故、王素質は持ちえているのだが、竜王を慕いすぎてヘタレに思われることが多々。
金鶏に対してはガキ扱いだが、一応ちゃんと彼なりに面倒を見ている。
とても大きく豊かな王国を持つ王の末子として生まれ、次期王座を決める為に捨てられた。
金ではなくくすんだピンクの毛色。そのため、端から王座除外対象であった。
waite
■竜王(Ryuuoh):♂:【国】?(万華宮)/CV.銀零煌様
外見年齢20代。一人称『私』。二人称『そなた』。
薄い青髪に青紫の瞳。
『太陽・命』の象徴の中性的な竜神の一柱。『竜王』を継承してからは『総てのものを平等に愛す』ことしか出来なくなってしまった為、たった一人を愛すことが出来ない。
金獅子と金鶏を助け育てる。優しく人望があるため様々なものに愛されている。
植物を操る能力を持つ。
waite
■金鶏(Kinkei):♂:【国】エヴァンジル/鈴井里沙様
外見年齢10歳程。一人称『僕』。二人称『君』。
金髪に蒼瞳。
竜王と同じく『太陽の象徴』。竜神にこの世で唯一その血を持って制すことの出来る存在だが、それを恐れた竜神に仲間親を殺された一族の末裔。
竜王の慈悲の心で救われ、まだ子供である為竜王といても問題はないとのことで彼と一緒にいる(ただいつ覚醒するかはわかっていないので危険なのは変わらない)。
明るく人懐こい。
waite
■蒼竜(Souryuu):♂:【国】?(水宮)/CV.テディ様
外見年齢20代。一人称『俺』。二人称『貴様、お前、あんた』。
濃い青髪に金色の瞳。
『夜(死・終焉)の象徴』で竜王に水から形をもらった姿で竜王と同じ種族の竜ではない。
その為『あること』のために、竜王の兄弟を総て惨殺し自らの力とした。
何を考えているかわからないが、目的の為には手段を選ばない。
水を操る能力を持ち、8体の水竜(竜王の兄弟)を背負い攻撃する。
waite
■赤兎(Sekito):♀:【国】?/CV.大塚かよ様
外見年齢20代前半。一人称『うち』。二人称『あんさん』。
赤い髪にオレンジの瞳。
様々な物を売りさばく商人の家柄で、お金に細かい。
しかし値引きはしてくれる。気がよく金鶏たちの面倒をよく見る。
星読みの一族であり、占いが得意。
一族のことを想い、竜王がいなくなった時あることをし出す。
waite
■銀鷹(Ginyoh):♀:【国】エヴァンジル/CV.狛原ひの様
外見年齢10代中旬。一人称『私』。二人称『あなた』。
銀色の髪にピンクの瞳。
金鶏の世話をするために目覚めた銀色の毛並みを持つ鳥族の少女。
竜王がいなくなってからは金鶏と共に彼を探しに行く。
戦えはするが、あまり強いほうではない。
神の子ではないが、特殊な一族の子として、ヒーリング能力に特化している。
waite
■ベラドンナ(Belladonna):♀:【国】?/CV.向日一花様
外見年齢20代中旬。一人称『わたくし』。二人称『あなた』。
茶色の髪に紫瞳。
毒を含むことで恐れられ嫌われた花だったが、金獅子に助けられた後彼を好きになり、人の姿を得て追いかけまわす。
お嬢様性質だが愛情表現があまりわかっていないため、金獅子にとってはある種のストーカー的存在。
彼女もまた、竜王がいなくなった後金獅子に力を貸すことになる。